麦三昧

今日は、麦の脱穀をしました。
長坂自然農の会のメンバーで朝から脱穀機を設置して、順番に脱穀して行きます。脱穀を終えた麦を今度はトーミで選別します。
麦と一言で言っても大麦、小麦、ライ麦などなど、小麦にもいろいろ品種がありそれらが混ざり合わないように脱穀が終わる毎にきれいに掃除をしてから次の麦の脱穀にうつります。さて今年の皆さんの収穫はいかがでしょうか?
地給市場にも今年の小麦粉がそろそろお目見えする季節です。

麦の収穫後のもうひとつの楽しみは麦の茎で作ったストロー。ようするに本来のストローという訳です。麦は穂狩りをして収穫するので畑には茎が残ります。その中できれいな茎を収穫して、節から節の間をカットします。表面の薄い皮を剥くときれいな茎が出てきます。これで既にストローですが、そのままでは気になる場合は3〜5分煮沸します。農薬を使わずに育てた麦だからこその産物です。
石油が原料のプラスチックと違い自然に返るストロー。ファーストフード店がみんなこのストロー使ったら凄い量のCo2を削減できるでしょうね。
子供のみならず大人もこのストローは大喜びです。
暑い夏、自家性の麦茶を自家性のストローで・・・いいですね。
f0040341_10481957.jpg

脱穀の様子。奥が脱穀、手前がトーミ。
f0040341_1049355.jpg

麦の茎のストローと麦茶。
[PR]

by genkiueno | 2007-08-01 10:52 | 自然農  

<< 田んぼの様子 ひまわりのはな >>