<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

大和芋

この季節ますます寒さが増しますが、そろそろ師走という言葉の通りお坊さんでなくても何かと忙しく走り回る頃ですよね。疲労がたまり体力が落ちた頃に風邪菌に襲われるなんて事もよく耳にします。そんな季節におすすめの地産食材を今回は紹介致します。

北杜市は明野町で収穫された「大和芋」です。
大和芋は長芋などと同じヤマノイモ科ヤマノイモ属で中国が原産の芋です。日本では奈良で多く作られていたので大和芋と呼ばれると聞きました。長芋とは形が違いイチョウの葉っぱのような形をしています。

さてこの大和芋のおいしい食べ方ですが、やはり とろろ でしょう。ご飯や、そばにかけて食べるとおいしいですよね。 おいしいとろろの作り方は、すり鉢にすりおろした後、すりこぎをリズムよく大きく動かし空気を含ませるような感じでおろすと良いそうで、こうすれば滑らかでふっくらとしたとろろになるそうです。大和芋のとろろは長芋より粘り気がありまとまりがあります。
ちなみに、皮はスプーンを使って剥くと簡単に剥けると聞きました、また酢水で手を濡らしておくとかゆくならないそうです。

他の食べ方としては、のり巻きのように海苔の上にとろろを広げ巻いたあと、食べやすい大きさに切って天ぷらにしてもおいしいです。

とろろはマグロ丼などにもネギと一緒にかけますが、大和芋にはジアスターゼ(別名アミラーゼ)という消化酵素が多く含まれていて他の食べ物の消化も助けてくれます。大根おろしなども消化を助けてくれる事がよく知られていますが、大和芋には大根の約3倍のジアスターゼが含まれているそうです。

この大和芋、漢方でも滋養強壮剤として用いられるらしく、滋養強壮、病後の疲労回復に効くと言う事です。

師走に入り忘年会などで疲れた胃腸。疲労回復に効果があり胃腸にも優しい、大和芋のとろろを食べてみてはいかがでしょうか。
f0040341_22384682.jpg

[PR]

by genkiueno | 2007-11-27 22:39 | 地産食材  

田んぼの様子 ー脱穀ー

稲刈りから二週間が過ぎました。
ハザ掛けをした稲もしっかり乾燥した様子。
今日は脱穀をしました。
脱穀は、昔ながらの足踏み脱穀機でします。全て人力ですので時間はかかりますが化石燃料は要りません。私たちのように広くない面積で米作りをしているとこの脱穀機で充分です。

脱穀はお米の種類ごとに行いますが、お米が混ざり合わないように一つの品種の脱穀が終わるときれいに掃除をして次の品種の脱穀にうつります。
今年は、コシヒカリ、満月もち、黒米(朝紫)の3種類ですが、田植えの時に品種が分からなくなったのがあったのと、猪に踏まれてやや具合が悪いのと、それらも分けて脱穀したので5回に分けた事になります。

午後からは、二人お手伝いに来て下さったので予定より早く終わらせる事ができました。
空模様も悪かったので脱穀した米は糖箕にかけずにそのままコンバイン袋に入れて持ち帰りました。今年の収穫はそのコンバイン袋で12袋でした。
これから糖箕で選別をして籾すりをすると2〜3割減ります。ただ、いつもの年よりたくさん収穫できたので目標の一年間のお米は確保できそうです。
地産地消ならぬ自産自消と言う事でしょうか、まあ一般的には自給自足と言いますが自画自讃の意味も含めて「自給自慢、自讃自笑」・・・?

地給市場という名前の由来でもある「地から給わる」、その事を改めて感じた田んぼでの時間でした。
f0040341_22153377.jpg

足踏み脱穀機
f0040341_22161822.jpg

脱穀の様子、文字通り足で板を踏み込みながら脱穀をします。
f0040341_838429.jpg

藁は田んぼに家の形に積み上げて保管します。翌年の苗床作りなどに使います。こうしておくと雨などでカビる事なく保存できます。
[PR]

by genkiueno | 2007-11-18 22:22 | 自然農  

環境 紙芝居

今回のテーマは、紙芝居です。
北杜市バイオディーゼル燃料を考える会では、廃食油の回収、バイオディーゼル燃料の利用、ヒマワリを育て油を搾るなどの循環を紙芝居にして子供たちに分かりやすく伝えて行く活動をしています。
言わば「環境紙芝居」でしょうか。

これが子供だけでなく大人からも分かりやすくて良いと言う意見も・・・
環境問題ってセミナーなどで聴いていても結構難しくてすぐに理解できないこと、ありますよね。楽しく分かりやすくお話ししてもらうことは、大人でも必要な事だと思います。

そこで紙芝居を今回は私が描く事になったのですが、この紙芝居は小さな子供には5枚、そこから難易度に合わせて間に場面が増えて行くようにしました。現在は、7場面まで作成しました。

台紙は段ボールを再利用して、切ったり貼ったり、半立体にする事でかえって楽しい画面作りができました。

この紙芝居、テーマを変えていろいろ作る事ができます。
いずれは、環境問題全体が繋がる長編紙芝居になればおもしろいですね。

さて皆さんはどんなテーマの紙芝居が良いと思われますか?

f0040341_22433454.jpg

紙芝居の一場面
[PR]

by genkiueno | 2007-11-11 22:46 | 地給市場の取り組み  

田んぼの様子 ー稲刈りー

苗床作りから紹介してきた自然農の田んぼの様子もいよいよ稲刈りまで来ました。
予定では、もう少し後に稲刈りをするつもりでいましたが、天気も気になるし田んぼの周辺に猪が来ている事もあり急きょ予定変更し早めの稲刈りになりました。
ここまで来て猪に田んぼを荒らされると全て水の泡です。

私たちのように田んぼで苗床を作り、その苗で田植えをするとどうしても11月に入ってからの稲刈りになります。昔はこんなペースだった様です。

刈った稲はハザ掛けと言って田んぼに組んだウシに稲束を掛けて干します。
この時期には八ヶ岳では乾いた風が吹き始め良く乾燥します。時には強い風邪でウシが倒れる事もあるました。秋雨の多い時期より今頃の乾いた風の吹く時期に稲刈りをするのは理にかなっているような気がします。自然のサイクルに任せる方が合理的だったりしますよね。

稲刈りをする時、稲はまだ茎の下の方が青く色づいています。ハザ掛けをする事で茎に残った栄養が穂先の米へと送られるそうです。最後の力を振り絞って種へと栄養を送る、子孫を残すためのこの栄養がお米を更においしくするのでしょう。そう考えるとハザ掛けをしたお米の方がおいしいと言うのもうなづけますが、いかがでしょうか?
最近ではハザ掛けをしている田んぼも少なくなってきている様ですが、専用の乾燥機で刈ったお米をすぐに乾燥できるからです。
便利さによって失うものもあるのかも知れません。

田んぼには稲刈りと同時に大麦の種をまきます。
丁度田植えの時期には大麦が収穫できるのと茎を刈り倒して雑草を抑えることもできます。この稲わらと麦わらの積み重なった層が腐葉土になり田んぼを豊かにしてくれるのです。こうして年数の積み重ねが深みのある豊かさを作ってくれるのが自然農の魅力の一つです。

このハザ掛けの状態で2〜3週間乾燥させいよいよ脱穀になります。
稲刈りが終わってほっとすると今度は収量が気になってきますが、今年は田んぼも変わり一年目ですが豊作の予感です。

ここでおひとつ
「稲刈り終了! 気になる収量、 小春日和に吹く風 秋涼。」
お粗末様でした。


f0040341_11454173.jpg

今年の実り

f0040341_129189.jpg

ハザ掛けの様子
[PR]

by genkiueno | 2007-11-07 11:48 | 自然農