<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

自然農の田植え

 以前このブログで「お米の苗床作り」について書きました。その後、今年は寒い春になったため発芽の時期が遅くどうなるかと心配していましたが、ここのところ暑い日も続いてなんとかいつも通りの田植えができそうです。先日、テレビのニュースで富士山に「農鳥」が出現したと言う話題が取り上げられていました。富士山の8合目あたりの残雪の形がちょうど鳥の形に見えるようになると田植えの時期だという昔からの言い伝えで、このように呼ばれているそうです。今年はいつもの年より約一月遅れで現れたらしく、やはりこの春が寒かったのでしょう。私たち自然農の田んぼの田植えはいつも6月の中旬からなので今年に限っては「農鳥」に合わせての田植えとなりました。今回は私たちが作っている自然農の田んぼから第2弾をお届けします。

苗床には、つい先日まで寒冷紗をトンネル状にして掛けていましたが、これは朝晩の冷え込みが最近まで続いたためです。しかし寒さより強敵なのは今年の場合は苗床の雑草でした。ヒエを始めとして苗床には稲より早く大きくなる雑草がいっぱい。この雑草を取り除いてやらなければ苗は大きくなりません。小さな稲の苗を抜かないように気をつけながら一本一本丁寧に抜いていきますが18メーターにも及ぶ苗床の雑草を全部抜き終わった頃には最初抜いたところには新たな雑草が生えている状態。でもこの作業が苗の生長に大きく影響を及ぼすので手抜きはできません。苗床を作ってから約2ヶ月、寒さや雑草にも負けず力強い苗ができました。苗は既に分けつを始めていて根もしっかりと伸び広がっています。普通の田植えの苗よりもかなり成長した状態です。この苗を1本か2本づつ田んぼに移植してゆきます。いよいよ田植えのスタートです。

自然農の田んぼは不耕起ですので、田んぼに水を入れて耕耘機でかき回すいわゆるシロカキをしません。草を刈り倒し、そこに苗を植えてゆき、水を入れるのです。ですから泥んこのイメージを持っている人から見ると「これが田植え?」なんて思うかも知れません。実際に田植えの済んだ様子を見てもどこに植えられているのか分かりにくく他の田んぼとはかなり印象が違います。刈り倒された雑草はいずれ腐り稲が育つ養分になりますし、次の雑草が生えるのを抑える役割も果たします。しかしながら雑草の勢いは凄く、田植えが終わってからしばらくの間は雑草の草刈りに追われます。秋の収穫の喜びを思い浮かべながらこの作業に取り組みます。この様に田んぼの仕事はそのときその時にしなければならないことを的確にして行くことが大切です。田植えでは、一本一本苗を黙々と植えていく、気の遠くなるような田植えもこの一本の積み重ねで大きな面積が全て植え終わります。この様に目の前の仕事に没頭する時間は意外と心地よいものです。

私たちが自然農で米作りをするのも8年目ですが、まだ一年分の我が家で消費する量のお米を収穫するまでには至りません。私たちが農作業に割ける時間も限られていますし、手作業でできる仕事量も限られています。だからこそ無理なく続けられるだけの面積で米作りをすることが大切だと思っています。このぐらいの量を収穫するんだと答えを用意してしまうと無理をしすぎて結局続かないと思います。私はできるだけ多くの人が少しずつでも農作業にかかわれることが良いのではないかと考えています。そうするときっとお店に並んだ野菜やお米などの作物も違って見える様になるのではないでしょうか。
f0040341_21191293.jpg

分けつを始めたお米の苗。一本ずつ手で植えてゆきます。

f0040341_2121435.jpg

植えられた苗。まわりは刈り倒された草で覆っています。
[PR]

by genkiueno | 2007-06-18 21:27 | 自然農  

リメイク

 今回はリメイクの取り組みについてお話しします。既に目的の用途としての役割を果たして使われなくなった物はごみになります。でもそのままごみにしてしまわずに使える物に再生する、それがリメイクです。例えばハギレをつなぎ合わせて一枚の布を作るパッチワークなどもリメイクです。「捨てるのはもったいない。これで何か作れないかな?とりあえず捨てずに置いておこう。」そんな経験はないでしょうか。

先日、テレビでそんなリメイク商品をいくつか目にしました。まずは、フィンランドのseccoというブランド。パソコンのキーを使ったキーホルダーやシートベルトで作ったバックや洗濯機のドラムで作った果物皿、などなどまさに廃棄物を再生した商品を作っていました。別の番組で紹介されたエコショップではトラックの幌とシートベルトを使ったバックやスノーボードのシェルフ、T- シャツをパッチワークした布などがあり、どれも環境思考の強い商品として紹介されていました。

リメイクは古くから日常の生活の中で衣服から建築まで様々なジャンルで活躍してきました。京都の町家では築80年の建物の木材に既に古材が使われているのを見ました。ここ北杜市では古くなった布を裂いてその布で織物をする「裂き織り」を伝える教室もあります。これらは生産、使用、再生の道筋がしっかり作られたもので、物の価値が高く、人の手を加えてでもその物を再利用していた時代だからこそこのような再生の文化があったのでしょう。その後、物の価値はどんどん低くなり人の手をかけるだけの価値がなくなり再生よりも廃棄と生産を選んでしまったのです。しかし、今、この価値の値が経済から環境の値へと変わり始めると環境価値の高いことに人の手が加わっていくのではないかと考えられます、またそうなってほしいと思います。

さて、テレビで紹介されたリメイク商品を見て思ったのですが、たとえ廃棄物を再生した環境に良い商品でありながら商品として優れた「機能性」と「デザイン」を満たしていることが大切だと言うことです。環境には良いことは分かっているけれど「ださい」「使いづらい」だと、結局無駄に手をかけただけに終わりかねません。ですからこのリメイクはかなりセンスが問われるジャンルになることは違いありません。古くから残る再生の文化と多様化する廃棄物から新たに産み出されるセンスのよいリメイクグッズはこれから注目するべきジャンルでしょう。

そこで、地給市場でもオリジナルのリメイクグッズを作ってみました。下の写真がそのグッズです。
f0040341_13364672.jpg

この時計、何からできているか分かりますか?
田舎暮らしの人ならばすぐに分かりますよね。そう、草刈り機の刃です。刃が欠けて使えなくなったけれどデザイン的に面白いので捨てずに持っていたものを時計にリメイクしました。刃によってデザインが異なるので出来上がりの時計も様々ですが、まずはヤスリやワイヤブラシできれいにクリーニングします。刃となるチップを一つずつ取り除き形を整えます(ギザギザの部分)。時計のムーブメントに合わせた穴をあけた鉄の板を中心に溶接します。そして塗装して完成。なかなか手間がかかります。お店に置いてありますが結構好評です。この他にも開発中の物もありますが、このリメイクは考えるのが楽しいのと「なるほど」と感心されるのも楽しい。そのうち、リメイクすることを前提にしたデザインが出てくるようになるかも知れませんね。また新しいリメイクグッズが完成したら紹介したいと思います。 
[PR]

by genkiueno | 2007-06-09 13:50 | 地給市場の取り組み  

ひまわりの種まきとリサイクルキャンドルのワークショップ

最近バイオ燃料の話題をニュースなどでもよく耳にするようになりました。需要が多ければ、それに見合った供給量を確保しなければならず、それが食料の高騰を招くことへとつながって行きそうな状況です。地給市場でもバイオディーゼル燃料を求めてくるお客さんが増え約3週間先まで予約が入っています。プラントでは廃食油も不足気味で毎日製造に追われている様子です。原料の廃食油も素になる食用油はそのほとんどが輸入に頼っているのが現状でバイオ燃料の見通しも甘い物ではありません。そんな中、地域でバイオ燃料の事を考え、できることをやっていこうという会が「北杜市バイオディーゼル燃料を考える会」です。今回はこの会で企画したひまわりの種まきとリサイクルキャンドル作りのワークショップのイベントのレポートをします。なぜひまわりの種まき?それは、遊休農地でひまわりを育て花が終わった後にその種を収穫、その種をしぼってひまわり油を精製、そこからバイオディーゼル燃料を作る流れを実践するのが狙いです。ひまわりはここ北杜市の市の花にもなった事もあり観光資源としてのひまわり畑と環境活動を結びつけた活動です。当日は朝から会のメンバーと呼びかけに集まって下さった方々とで種まきをしました。今回の畑は八ヶ岳、小泉地区の三分一湧水の近くにあり三分一湧水館の管理運営をされている企業のご協力で手配していただいた所です。種まきは多くの方の協力であっという間に終わり、続いてはリサイクルキャンドル作り。お店にお客さんが持ってきてくれたガラスの容器を使わせていただきました。小さなお子さんがキャンドルの色付けようにクレヨンを削ってくれました。おかげで色鮮やかなきれいなキャンドルが出来上がりました。飛び入り参加の観光客の方も含めお手伝い頂いた方にはキャンドルをプレゼント。廃食油はごみじゃ無く回収して再利用できる事をキャンドル作りで実体験していただきました。きれいな出来上がりに、みんな喜んでいました。ちなみにできたキャンドルは地給市場で販売しています。この売り上げは今後の活動費の一部にさせていただきます。今回は始めてのワークショップでしたが小さな子供から大人まで楽しめる事が分かりましたし、廃食油の回収キャンペーにもつながりそうなので今後もこのワークショップを続けて行きたいと思います。みんなで蒔いたひまわりの成長と種の活用なども機会を見てレポートして行きます。
f0040341_18422699.jpg

ひまわりの種まきの様子
f0040341_18433832.jpg

リサイクルキャンドル作りの様子
きれいなキャンドルがたくさんできました。
[PR]

by genkiueno | 2007-06-04 18:47 | バイオディーゼル