<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

量り売りとその天敵

2年ほど前、うちの玄米にコクゾウムシを発見。ときどき見かけるけれどその時はけっこうな数がいた。もしやお店の玄米にも・・・。
予想は的中、量り売り用の玄米の中にもコクゾウムシが発生。
その年は、どの生産者もコクゾウムシの大量発生に悩まされていた。
すぐにお米を天日干ししてコクゾウムシを取りのぞいたけれど、なかなかすべてを退治するまでは出来ませんでした。
農薬を使わずに育てられたお米なのでこういう事もあるのは当然。でもやはり売り物に虫が湧くのは好ましくない。お客さんは「洗えば済むのだからいいよ」「農薬を使ってない証だから気にしない」などと言ってくれましたけれど、お店としてもその都度天日干しをして出来るだけいい状態でお客さんに買ってもらう様に対応しました。それからお客さんにはあまり大量に買わずに少量ずつ買ってもらうようにして、切り抜けました。幸い翌年からは、コクゾウムシの大量発生はありませんでした。
小豆も同じ様に、冬を越して暖かくなる頃にやはり虫が発生します。
こちらは、毎年必ず発生するので春を過ぎ虫が発生する頃から量り売りをやめて真空パックでの販売に切り替えます。冷凍で保管する方法もあります。農薬を使わない小豆を量り売りする以上この虫の発生問題はどうしても避けられない問題です。穀物によっては全く虫の発生を気にしなくていいものもありますが品質のチェックは欠かせません。この仕事は、量り売りのお店では、大切な仕事のうちの一つです。
まあ、虫も出ない小豆の方が「いったいどうなっているんだろう」って疑問に思いますけど。
昔の人も、いろんな工夫をして虫とは戦って来たんでしょうね。実際に量り売りをする事で色々な経験を重ねる事が出来ます。そしてその経験をより良い量り売りのスタイルづくりに行かして行きたいと思います。
今年、収穫した小豆は虫が発生してもすぐ分かる様に中がよく見える透明の一升瓶に保管しています。
f0040341_22291513.jpg

透明な一升瓶に詰められた小豆。
[PR]

by genkiueno | 2006-10-29 22:33 | 量り売り  

食品ロス から考える。

先日、地給市場に関東農政局広報誌が届けられました。
その広報誌の中に食品ロスに関する統計調査結果が載っていました。
関東における1人一日あたりの食品ロス量は50.2gで、食品ロス率は4.0%だそうです。
数字で表されてもそれが多いのかどうか具体的にイメージするのは大変ですけど、年間一人18キロ以上食品ロス量があると言う事です。4人家族だと73キロ以上です。
食品ロス量で一番多いのは、「野菜類」、次いで「調理加工食品」、「果実類」となっています。
ただこの量には、外食や学校給食などは含まれません。
食品ロスの内訳は、
*直接廃棄:賞味期限切れ、作り過ぎ・調理を失敗したなどで食卓に出さずにそのまま捨てた部分。
*過剰除去:大根の皮の厚剥きなど、まだ食べられる部分まで除去したもの。
食品ロス量は二人世帯が一番多く、次に単身世帯、三人以上世帯と続きます。
世帯人数が少ないと、やはり作りすぎなどで食べ残しが多くなってしまうのでしょうか。そして賞味期限切れもけっこう多いのではないでしょうか。
調味料なども、大ビンの方がお買い得ですけど使い切れないまま賞味期限がきれ廃棄する事もあるでしょう。必要なものを必要なだけ購入する、これってけっこう難しいですよね。
結局は日頃から無駄を出さない様に意識する事、販売されている食品や調味料の販売単位に合わせるのではなく、自分たちの世帯食量に合わせた買い物を出来る様になる事が大切だと思います。
量り売りを利用するメリットは、容器のゴミを出さないだけでなく食料のロスも少なくする事でもあるでしょう。自分の世帯では何がどのくらい必要かを把握して、食べ物を無駄にしないと言う意識で買い物をする。そんな買い物が浸透すれば、食品ロスも少なくなって行くのでしょう。
そんなお買い物の提案も地給市場では行なってゆきたいですね。
[PR]

by genkiueno | 2006-10-19 21:26 | 量り売り  

身近な量り売り

量り売りと言うと何を思い浮かべるだろうか?しょうゆ、油、豆、お酒、コーヒー豆、などなど、食品を思い浮かべるケースが多いのではないでしょうか。でも、身近に量り売りが当たり前の業界に気がつきました。それはエネルギーです。電気、ガス、ガソリンなどはいわゆる量り売りの様なものです。特にガソリンスタンドは、身近な量り売りのお店で多くの人が利用しています。「満タン」と言えば、燃料タンクに一杯燃料を入れてくれ、入った量に見合った金額を払います。お客さんは容器を用意しなくていい。当たり前ですけど常に車に容器を積んでいる様なものです。決して容器を忘れる事はありません。価格もハイオク、レギュラー、軽油の三種類しかなく計算も楽です。ハイオクと軽油を買う人はいませんよね。だから量り売りだけどスピーディー。しかも車を横付けして買い物できるので便利。
地給市場では、容器を忘れると量り売りで買い物できないし。何種類か量り売りを買うととても時間がかかるし、容器の荷物が多くて持って回るのも大変。それらをガソリンスタンドはクリアしています。ただ、量り売りを買いに来てくれるお客さんはこれらを面倒だと思わずに楽しんでくれてますけど。
電気も使用量に応じて請求が来るので、これも量り売りです。まあ、基本料金などの設定もあるので全くの量り売りではないですけど・・・電気の量り売りの中ですごいと思うのが使用量を一軒一軒チェックしに来てくれる事です。日本全国の家屋を見て回っている事を考えるとその労力と経費は莫大なものです。言い換えればそれだけの労力と経費を使ってでも量り売りのシステムの方がメリットがあるんでしょう。
発想を変えてみて、電気の量り売りをやめてパック売りをしたら面白いと思いました。100Kw/hを1パックにして先に消費者が購入する。例えば5パックを買って一ヶ月の電力に当てる。使えば使うだけ減って行きます。そうするとかなり電気の使用量を気にしながら電気量が足らなくならない様に使う様になります。これはかなりの節電効果があるんではないでしょうか。自分の家のおおよその一ヶ月の電気量も把握してないと何パック買えばいいか分からないですよね。実際、自分の家の一ヶ月の使用電気料を分かっている家庭がどの位あるかを想像してみるとこの方法はかなり電気に対しての意識が高まる方法の様に思います。電力会社も前もって購入量が分かっていれば効率よく発電を出来るかも知れません。まあ、気候などにも電気量は左右されるのでこの方法が現実的ではないかもしれませんが、こんな提案も面白いかな、と思いました。携帯電話の通話料はすでに量り売りからパック売りへと移行したいい例だと思います。
今回はエネルギーの量り売りについて考えてみましたがいかがでしたか?
[PR]

by genkiueno | 2006-10-09 00:09 | 量り売り