<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

豆の花の豆腐

今回は地元で作られているお豆腐を紹介します。
この豆腐を作っている豆の花さんは福祉作業所で、豆腐づくりの責任者の方は、以前津金豆腐を作っておられました。2年ほど前事情があり工場を閉鎖、地元産の大豆を使ったおいしい豆腐は手に入らなくなってしまいました。その後、現在の作業所での豆腐づくりの話が出て来て、ようやく今年の夏に復活しました。
天然のにがりと大豆だけを原料とし、消泡剤をつかわずに丹念に作られています。今は長野県の大豆を使っているそうですが、現在地元長坂町で大豆(エンレイ)を栽培中。冬には地元産の大豆を原料にした豆腐が出来ます。地域で材料となる大豆を栽培する事は栽培者や栽培方法なども見えるというメリットがあります。これも地域に農地があるから出来る事ですね。
原料を栽培する農家、豆腐を作る生産者、販売する商店、地産食品を求める消費者、これらの人が居て始めて地産地消が成り立って行く事を改めて感じました。
おいしくて、安全な豆腐にこだわり、障害者が自立できる様にという思いをしっかりと持って豆腐づくりに取り組む豆の花さん、ありがとうございます。
f0040341_819823.jpg

地給市場でも販売しています。
f0040341_842514.jpg

消泡剤を使わずに丁寧に泡をとります。
[PR]

by genkiueno | 2006-09-17 08:44 | 地産食材