カテゴリ:量り売り( 34 )

 

一斗缶量り売り新兵器

一斗缶で量り売りをする時に一番問題になるのがその重さです。
今までは台の上に寝かせてコックを開くと中身が出てくる対応にしていたのですが、ずっと寝かせておくと少しずつ中身が漏れるようになってきました。
そこで必要なときだけ寝かせるようなものを考えました。
これならば女性でも簡単に注ぐことが出来ます。
f0040341_22124616.jpg

この写真は、コンサート会場で出張量り売りをしたときのものです。
左に突き出ている取手を手前に引くだけなのでとても楽です。
缶を入れ替えて使えます。
この商品は菜種油と胡麻油の一斗缶、醤油のタンク用も制作する予定。
ちなみに、こちらは全て自作です。
[PR]

by genkiueno | 2010-11-24 22:18 | 量り売り  

量り売り発見

量り売りを取り入れているお店を見ると応援したくなります。
パックされたものに比べ重さをはかり計算して袋詰めして、結構手間がかかります。
一方で利用する人は興味津々、楽しそう。

今日は東京のパン屋さんでフィナンシェの量り売りを見つけました。
1g/4円 うーん ピンと来ないけれどよくぞ取り組んでくれました。
1個◯◯円でないところが良い。
f0040341_20343146.jpg
東京ミッドタウンMAISON KAYSERにて
[PR]

by genkiueno | 2010-08-07 20:36 | 量り売り  

テレビで量り売り

テレビ山梨(UTY)ではエコをテーマに、さまざまな取り組みがなされています。「きずなさん」と言う番組が毎週水曜日に放送されているのです。この番組ではエコに取り組んでいる人や企業を紹介していますが、そこで量り売りの活動を紹介して頂けることになりました。
量り売り自体言葉を聞いても知らない世代も多くなってきています。「量りを売る仕事」と思われたりするそうです。収録では欲しいものを中身だけ,欲しい量だけ買えるムダとゴミのない売り方買い方なんだという事を短い時間の中で伝えました。
本番では砂糖の量り売りを実践しましたが、今では量り売りがパフーマンスに見えるのかも知れませんね。
放送は8月4日午後6時55分からです。(山梨限定です)
番組ホームページはこちらです。
http://www.uty.co.jp/kizunasan/index.htm
f0040341_8185981.jpg

[PR]

by genkiueno | 2010-07-30 08:21 | 量り売り  

出張量り売り

イベントで出張量り売りをしました。
工務店のオープンハウスのイベントで、量り売りをしました。
この工務店はOMソラーハウスを手がけている工務店で、環境に関すること食に関することを伝えることも取り込んだオープンハウスを企画されました。
建物は新築ではなく既に数年間お住まいのお宅でした。
家具も何も入っていない家をみるより実際暮らしている様子,住まい手の方のお話が聞けるのでとても意味があるように感じました。
見学に来られる方も既にこの工務店で家を建てられた方が多く,住まい方に関心を持たれている方が多いという印象です。
そして、みなさんの前で量り売りのこと,食のこと、地産地消の取り組みなどのお話をさせて頂きました。
家を見に来られる方にどれだけ関心を持って頂けるのか不安でしたが、みなさん食の事や農業に関心が高くて驚きました。

おもてのテントで油や米酢、醤油、砂糖、塩などを量り売りしました。
みなさん量り売りにも関心を示され、地域の朝市への出店も勧めて頂きました。
今後もイベントなどで量り売りの実践や講演を通して食のこと農のことゴミの問題その他このブログで書いて来たさまざまなことを伝える機会をつくりたいと思います。
f0040341_17551170.jpg
f0040341_17555573.jpg

[PR]

by genkiueno | 2010-01-15 17:59 | 量り売り  

ペンションに出張

連休などになるとペンションは大忙し。
買い物に出かける暇もなくなるそうです。

いつも量り売りを利用してくれるペンション ゲストハウス・ミューさんのところに出張量り売りに行きました。
清里にあるペンションです。
お米や野菜など農薬化学肥料を使わないで育てられた地域の食材を中心に調味料などにもこだわったお食事を提供してくれるペンションです。

今回は、国産菜種油の量り売りです。
さて今日のお食事のメニューは何かなー。
f0040341_1041950.jpg
f0040341_104582.jpg

[PR]

by genkiueno | 2009-05-06 10:05 | 量り売り  

今年も量り売りを利用していただきありがとうございました。

今年は、店舗から自宅へと量り売りの拠点を移して、出張量り売りをするなどいろいろ変化のあった年です。
以前と変わらず量り売りを利用してくれる方々も居てとても心強く感じています。拠点がうつってからこの量り売りを知って買いに来て下さる新しい方も出て来るなど以前の地給市場を継続しているばかりではなく、新しい拠点として活動を始めているという事を感じます。

量り売りで人気があるのは、菜種油と醤油です。その他には砂糖、塩、地粉などでしょうか。菜種油や醤油などは生活の中で一度定着すると味を含めてなかなか変えられないという事もありますし、大きな容器ゴミが出てしまうのも続けて利用していただける理由だと思います。加えて、菜種油は国産である事、醤油も県内産である事など作られている所がはっきりしていて安心できる事もあると思います。国産の菜種油は一般の商店ではなかなか手に入らないですからね。

食の安全は今年大きな問題になりました。さらに、食の自給率の低さもよく話題に上りました。しかしこれらを改善する具体策はなかなか見えて来ず、消費者も国や事業者に対策をゆだねている人が大半なのではないでしょうか。便利さや低価格など一度手に入れたものを捨ててまで食の安心や自給率を高めることに踏み出す事は勇気のいる事です。しかし長い目で見た食の安心とは?そう考えると地域の生産者を応援し日本の農業や漁業を守る事が必要ですし、輸入する場合でも現地の生産者が低賃金で不当な労働を強いられないような正当な価格での取引をして生産指導までしっかり管理する責任を消費者が要求して行く事が理想です。

まずは大きなビジョンを持ちながら身近な所から出来る事を見つけ出して行く事が大切です。そういう意味では自宅まで量り売りを利用しに来て下さる方々、とてもありがたいと思います。
来年はもっと多くの方が利用しやすい様に工夫を重ねて行きたいと考えていますのでよろしくお願い致します。

新しい年も量り売りで行こう!でがんばります。

f0040341_8383065.jpg
いつも量り売りを利用して下さるお客様の量り売りセット。ビンの容器には菜種油と米酢が・プラ容器には砂糖と地粉が入っています。自宅で使う量などにあわせたムダの無い量り売りセットは量り買いのスペシャリストです。
[PR]

by genkiueno | 2008-12-25 09:12 | 量り売り  

量り売りは おしゃれ

量り売りを利用して下さるお客さんは、様々な容器を持って買いに来てくれます。
以前から感じていた事ですが、容器のデザインなどにこだわるとキッチンがかなりおしゃれになるじゃないかなって。
雑穀や豆などのは行ったガラス瓶が棚に並んでいるだけできれいだし、砂糖や塩もレトロなタッパーや金属の缶などに入れて並んでいると素敵だと思います。
先日、お客さんが密閉式のビール瓶(多分オランダのビール)を持ってお醤油と油を量り売りで買われました。
この瓶はデザイン、機能ともに気に入って僕も大事においてあるのですが、捨てたくないと言う事はリユースの機会も増えるので環境にもいいと思います。
お醤油をそそいでから写真を撮らせていただきました。
醤油瓶のイメージが変わりますね。
量り売りは容器を選ぶ楽しみもあると思いませんか?

f0040341_18271764.jpg

[PR]

by genkiueno | 2008-10-09 18:27 | 量り売り  

バームクーヘンの量り売り

京都に行った時に、友人に教えてもらったバームクーヘンのお店に行きました。
薬剤師をやめてドイツに渡り修行をしてマイスターを取得したと言うオーナーのつくったバームクーヘンを是非食べてみたくなったのです。
町家の軒先にバームクーヘンの形の看板。
お店の名前は「ズーセス・ヴェゲトゥス」。
お店に入ると町家を改装して白を基調とした明るいお店で、工房脇の廊下を通り抜けると陳列ケースがありお目当てのバームクーヘンがありました。
このお店では、バームクーヘンを必要な長さに切り売りしてくれるのです。
金額は、量りに載せてグラム計算。

おっ、量り売りだ!

そう言えば、ドイツでは量り売りが当たり前だったな〜
食べる前に量り売りで嬉しくなり、食べておいしい、2度も嬉しいお得なお買い物でした。
f0040341_23193166.jpg

「ズーセス・ヴェゲトゥス」玄以通と大宮通の交差点を西入る上手
◯印は循環を表しているそうです。
[PR]

by genkiueno | 2008-09-11 23:26 | 量り売り  

量り売りのきっかけ

量り売りを始めたきっかけについて聞かれる事がありますが、買い物をするとゴミがたくさん出る事に悩まされた事がその一つです。
そのゴミの多さに気付いたきっかけは山梨に引っ越して直面したゴミの問題でした。
1997年に大阪から山梨の八ヶ岳に越して来たのですが、その頃はゴミの回収が少なかったのです。
私の住んでいた大阪の池田市では確か可燃ゴミが週2回、不燃ゴミが週1回、粗大ゴミが月に1回ありました。
ところが、越して来た時には可燃ゴミが月に2回、不燃ゴミが月に1回、粗大ゴミは年に1回しかありませんでした。
しかも、家の前をゴミ回収車がまわってくれるのが当たり前だったのがゴミを公民館まで持って行かなければならない事にも驚きました。まあ家が少ないので当たり前なのですがゴミを出す事に不自由を感じた事のない生活を送っていたので最初は戸惑いました。
さらに、公民館のゴミステーションにゴミを出せるのはその地域の区に所属していなければならず、誰でも出せる訳ではなかったのです。集落からはなれた所に住み始めたのでその地域の区には入る事が出来ず、結局そのゴミステーションにゴミを出せない事が分かりました。たちまちゴミ出し難民と化してしまったのです。
なんとか役場の紹介で他の自治会で仮にゴミ出しを許可してもらったのですが、その自治会にも2〜3ヶ月のうちには自分で自治会を作るなりの対応をしてほしいと言われました。
そこで、越して来て間もないにもかかわらずゴミの自治会づくりを始めたのです。10軒で一つの自治会になるのですが、増やしていく事を前提に特例で4軒からスタートさせてもらいました。なんとか自治会を作ることができ、自分でゴミステーションを作成してようやくゴミ出し難民から開放されたのです。
ゴミが出せない頃、買い物をする度にゴミが増えることでとてもストレスを感じる期間でもありました。結局この事が、ゴミと向き合う最初のきっかけになったのでした。

月に2回の可燃ゴミの収集日で他の家庭では困っていないのだろうか?そんな疑問がわいてきました。関心を持ってみて見ると都会と違って土地が広い事もあり、生ゴミはコンポストを利用する人がほとんど。しかしその他の燃えるゴミは多くの家では燃やされていました。庭に簡易の焼却炉などがありそこで容器や包装紙、紙のゴミが燃やされていました。ゴミを燃やす独特の鼻をつく匂いがよくしていたものです。庭だけではなく畑にゴミを持って来て燃している姿もよく見かけ燃えカスが畑でくすぶっている様子に何時もやりきれない思いをしていました。乾電池の燃えカスを畑で見たこともありました。ゴミが畑の土や空気や水を汚染していくのをイメージせざるを得ませんでした。その後、簡易焼却炉出のゴミ焼きやゴミの野焼きは条例で禁止されました。同時に、ゴミの回収の回数も増え今では可燃ゴミは週2回、不燃ゴミは週1回になっています。
今はなるべくゴミの出ない生活をしているので、こんなに回収日がなくても良いのになんて思うぐらいです。今から考えるとゴミ出しの問題と直面した期間があったからこそ本気で量り売りを考える事が出来たのかも知れません。
[PR]

by genkiueno | 2008-08-24 21:15 | 量り売り  

なるべく量り売りを利用したい

7月17日の中日新聞の暮らしのページで地給市場の出張量り売りが紹介されました。
地給市場以外にカレーの量り売り、ビネガーやリキュールの量り売りのお店の3軒が記事になり注目されている量り売りを取り上げたものでした。
取材をして下さった記者さんから聞いたのですが、量り売りを取り上げるきっかけになったあるアンケート結果があったとの事です。そのアンケートとはお酢で有名のミツカンが主婦に行ったエコに関するもので、「食回りのエコ」アンケートで今後実践したいエコ第一位が「なるべく量り売りを利用」(66.3%)でした。ちなみに二位は「エコマーク付商品購入を心掛ける」以下「旬のものをまとめ買いする」「マイ箸を持ち歩く」と続く。
この結果を聞いて正直驚きました。
自分が量り売りをしていながら驚くとは何事かと思いますが、量り売りを利用する事が一般の主婦の方の選択肢に入っていた事。そしてその割合が7割近い高い数字だった事は予想外だったからです。
食品の買い物は毎日の事なのでその中で容器包装のムダや食品を使い切れなくてムダを出す事に対して疑問を持つ人が多くなったのかも知れません。これは、エコに対する意識の高まりが背景としてあるからでしょう。そして「もったいない」の意識がエコの実践の原動力になっているという結果も先のアンケートで出ているそうです。
買う側の意識がここまで高くなって来たのであれば、売る側もその意識にあわせた販売方法を用意していく必要があるのではないでしょうか。現実は、量り売りを利用する人はまだまだ少ないというのが私の実感ですが選択肢がある事でだんだんと意識も変わってくるのだと思います。今はまだ量り売りは物珍しい存在で注目を浴びている段階で実際に利用するところまで意識が向いていないのかも知れません。量り売りが再び身近な存在になっていってほしいですね。
今回、ミツカンが行ったアンケート結果に答えるかたちで実際の量り売りの紹介をして下さった事はとても意味のある事だと思います。ありがとうございました。


f0040341_23152077.jpg

[PR]

by genkiueno | 2008-08-01 23:16 | 量り売り