バームクーヘンの量り売り

京都に行った時に、友人に教えてもらったバームクーヘンのお店に行きました。
薬剤師をやめてドイツに渡り修行をしてマイスターを取得したと言うオーナーのつくったバームクーヘンを是非食べてみたくなったのです。
町家の軒先にバームクーヘンの形の看板。
お店の名前は「ズーセス・ヴェゲトゥス」。
お店に入ると町家を改装して白を基調とした明るいお店で、工房脇の廊下を通り抜けると陳列ケースがありお目当てのバームクーヘンがありました。
このお店では、バームクーヘンを必要な長さに切り売りしてくれるのです。
金額は、量りに載せてグラム計算。

おっ、量り売りだ!

そう言えば、ドイツでは量り売りが当たり前だったな〜
食べる前に量り売りで嬉しくなり、食べておいしい、2度も嬉しいお得なお買い物でした。
f0040341_23193166.jpg

「ズーセス・ヴェゲトゥス」玄以通と大宮通の交差点を西入る上手
◯印は循環を表しているそうです。
[PR]

by genkiueno | 2008-09-11 23:26 | 量り売り  

<< 量り売りは おしゃれ 量り売りのきっかけ >>