オリジナル通い袋

地給市場オリジナルの通い袋をつくりました。
昔、布袋を持ってお米を買いに行った・・・と言う話を聞いてお客さんがアイデアを下さいました。
そこで麻の布でお米用の通い袋をつくりました。
もちろんお米以外にも大豆を入れたりできますし玉ねぎやじゃがいもなど今まで紙袋に入れていたものをこの袋に入れるのもいいですね。要するに袋型のエコバッグです。

でもやっぱり米袋として使っていただきたい。
お米の量り売りでは一度に3キロから5キロぐらい、多くて10キロを買われるお客さんがほとんどです。
このぐらいの量に適した袋というのが意外にない。もちろん強度も必要になります。
結局、お店で用意した紙袋に入れる事がほとんどでした。しかしこの紙袋を次の時に持って来てくれる方はあまりいませんでした。という事は、ゴミになってしまっているのか?
この通い袋は最初にお客さんに買い取っていただき、何度も使ってもらうようにします。
紙ならば捨ててしまうけれど、麻布ならば大事に使ってもらえるし、なんと言っても麻袋を持ってお米を買いにいくなんて素敵だと思いませんか?
f0040341_22452671.jpg
麻布でつくった通い袋。お米10キロ入ります。
[PR]

by genkiueno | 2008-06-29 22:49 | 量り売り  

<< 量り買い 量り売りのメリット >>