オーガニックコットン展

生活を表す時に使われる言葉に「衣食住」がありますが、「便利さ」「豪華な」「流行の」「環境に優しい」などのキーワードを変えるとその先に見えて来る生活も変わってきます。
地給市場は食材を中心にしたお店ですが、衣、住、に関わる商品も揃えています。これからはこのブログでも少しずつ紹介して行きたいと考えています。

今、オーガニックコットン展を北杜市大泉町の「ギャラリー花のワルツ」さんにて開催中です。このオーガニックコットンの服の制作は地給市場を開店する前から取り組んでいましたがお店ではなかなか展示する機会も無く久しぶりの展示会です。

サブタイトルの「オーガニックコットンを選んだわけ・・・」は、コットンが栽培されている畑の環境を大切に考えたい思いと、着心地のよさ、着古した服を裂いて更に裂き織りにしてマットなどに使用、最後は畑のマルチなどにして土に還すと言う循環が可能な事などが理由です。会場には既に着古したオーガニックコットンで織った裂き織りも展示してあります。
デザインは飽きのこないシンプルなものをベースにしています。長く愛着を持ってきていただける工夫の一つです。お出かけ着→普段着→部屋着→裂き織り→マルチなど→土へ

この機会に、私たちのオーガニックコットンに触れてみて下さい。
展示会期間2007年11月4日まで 北杜市大泉町 ギャラリー花のワルツ 
会期中無休です。
f0040341_76527.jpg

展示会の様子(ギャラリー花のワルツにて)
[PR]

by genkiueno | 2007-10-29 07:09 | オーガニックコットン  

<< 田んぼの様子 ー稲刈りー 環境を食べる >>