地産の無農薬紅茶

新しく地産食材の紹介ができるのはとても嬉しい事で、生産者の方々に感謝です。以前、茶摘みに行った事をブログに書きましたが、その桃花村さんが紅茶を作ってくれました。

恥ずかしながら、少し前まで紅茶は海外でしかできないと思っていました。有名なのはインドやスリランカですが、日本でも昭和30年代には1,500tもの紅茶の生産量があったそうです。ですが紅茶の輸入自由化に伴い国内の生産量は激減してほんの少し国産紅茶が流通しているだけになってしまいました。産地が消えてしまったのですね。そうした状況から考えるとこうして地域で作られた紅茶を手に入れられる事はとても幸せな事です。

この紅茶、こんな文のシールが貼ってあります。
「桃花村のお茶はドイツの農薬試験場(Dr.Spect&partnerchemischeLaboratorienGmbH)において200項目以上の検査の結果、残留農薬が全く検出されず、完全な無農薬である事が証明されました。資料をご覧になりたい方は差し上げますので申し付け下さい」
お墨付きの無農薬紅茶です。

八ヶ岳も本格的な秋になって、紅茶も美味しい季節になりました。
桃花村の紅茶でティータイムはいかがですか?

f0040341_22553889.jpg

桃花村の無農薬紅茶
[PR]

by genkiueno | 2007-10-13 22:56 | 地産食材  

<< 環境を食べる 量り売り美人 >>