量り売り美人

最近、地給市場にはいろいろな活動団体から協力の依頼が来ます。平和、環境、食育、子育て、芸術、などなど様々ですが地域の方々にこのお店が認められつつある証として嬉しい事だと思っていますし、趣旨をふまえてできるだけ協力させていただいています。

近々、「六ヶ所村ラプソディー」と言う映画の上映かがあり、そこでも協力をさせていただいています。準備段階で会場で配るパンフレットに「環境提言集カルタ」を作ると言う企画が出てきました。一人ひと言、日頃実践している事や、日常目についた無駄な事や疑問を環境の視点で投げかけると言う内容です。

私も、日頃からコンビニの灯りがどうしてあんなに明るいのか?(あるコンビニでは80本以上の蛍光灯がついていました)。見ないテレビの電源は切ろうと言っているにもかかわらず、大型電気量販店では売り場のテレビ全てに電源が入っているぞ! などなど感じる事がいっぱいあります。

いろいろ提言は思い浮かびましたが、この提言集には、やはり「量り売り」に関することを書こう! そう思い、アイデアを巡らせていました。「容器持参でお買い物」がすぐに浮かびましたが、でも何かインパクトが足らない。そこでお客さんを思い浮かべながらもうひとひねり。
そして、当たり前のように容器を持ってお買い物に来てくれる人達はみんな素敵な「環境美人」(男の人もいますけど)。
美人と言えば、世界三大美女。「クレオパトラ、楊貴妃、ヘレネ」・・・と連想。
楊貴妃・・ようきひ・・ようき・・

そしてたどり着いたのがこの一首。
「量り売り 容器持参でお買い物 私もなれるわ 容器妃に!」

21世紀の美女は楊貴妃ならぬ容器妃でいかがでしょう。
ちょっとオヤジギャグ的かしら。

さてこの提言、効果はいかに。
[PR]

by genkiueno | 2007-10-03 08:48 | あれやこれや  

<< 地産の無農薬紅茶 ひまわりの収穫、種採り >>