小麦粉の量り売り

新小麦の量り売りが始まりました。

品種は「南部小麦」、小麦粉で量り売りをしていますので密閉容器や袋を持参で買いに来て下さい。
ふすまも別にありますのでお好みで小麦粉に混ぜて使っていただけます。こちらはサービスです。
地元、北杜市高根町産の小麦で農薬化学肥料は使用せずに作られていますので、安心してお召し上がりいただけます。
この、南部小麦でパンを作っている方もたくさん居られます。

小麦は米、トウモロコシと並ぶ三大穀物のひとつである文献によると紀元前7000年頃より食されていたそうです。地球上で最も多く栽培されている穀物でしょう。
とにかく小麦で作られている食べ物の種類はとても多いですよね。
小麦は含まれるグルテンの量によって強力粉、中力粉、薄力粉と分けられ粉によってパン、うどん、ケーキなど作れるものが変わる事はよく知られています。
そのグルテンの量は収穫時期に降る雨によって少なくなってしまうと聞きました。
本州ではちょうど収穫時期が梅雨になるので、梅雨の無い北海道でパン用の小麦が多く栽培されているのかも知れません。
しかし、梅雨の影響を受けたとしても地域の小麦を使って焼いたパンなどは少しふくらみが悪くても愛おしく美味しく食べる事ができます。

ところで、私たちの自然農の畑で収穫した小麦は、石臼で挽いて粉にしました。ふるいにかけて荒いふすまを取り除きその日できた小麦粉300g。

残りの小麦も、ぼちぼちと挽いて食べたいと思います。

f0040341_9283999.jpg

石臼で小麦を挽きました。
f0040341_9294653.jpg

この日できた小麦粉。さて、お味は。
[PR]

by genkiueno | 2007-08-31 10:19 | 地産食材  

<< 地産の蜂蜜 地産地消の新しいかたち >>