自然農の玄米餅

お店では毎週、野菜の宅配をしています。旬の野菜を詰め合わせて宅配便で関東や関西の都市部の人達に送っています。期間は野菜の収穫できる時期だけなので、5月から12月いっぱです。暮れの最終便には玄米餅を送るのが恒例になっています。
私たちの自然農の田んぼで収穫した餅米を使用し、早朝からかまどで餅米をふかし、臼と杵でつきます。一日は宅配用、もう一日は一緒に田んぼをしている仲間やお世話になった人などと一緒につきます。全部合わせると15臼ぐらいになります。
玄米餅と言っても全くの玄米ではなく少し精米をしていますが普通のお餅とは違って色が白くなく、米のつぶつぶが残っているのが特徴です。そしてなんと言っても美味しい。このために田植えや草刈りを頑張れるのかもしれません。
お餅を売ってほしいと言う要望も多いのですが、なんせ量が少なく、お店では販売していません。一年野菜を取ってくれた方だけの特典です。
その玄米餅で作ったかわいい鏡餅をお店に飾りました。
今年もいろんな方に支えられて無事に一年過ごす事が出来ました。来年も地道に量り売りを続けて行きますのでよろしくお願い致します。
2007年も量り売りでいこう!
f0040341_21441869.jpg

玄米餅のお鏡さん
[PR]

by genkiueno | 2006-12-28 21:45 | 地給市場日記  

<< レジ袋の有料化 韓国の教育農場 >>