繋がる

久しぶりの更新です。

昨年、このブログを見た人から量り売りの話を聞きたいとの連絡がありました。
すでに店舗は無いけれど量り売りについてのお話ならばいくらでも出来るのでそれでよければと引き受けました。
翌日、東京から八ヶ岳に来られたのは京都に本社のあるはかりメーカーの若い社員さんでした。
彼は産直の販売店などを担当しているらしく、そこに量り売りの仕組みを導入する事を考えていました。はかりのメーカーが量り売りのシステムを作ってくれると量り売りのお店が始めやすくなる。これはおもしろいな〜と思いいろいろなお話をさせてもらいました。

それから少し経ってから、また別の方からこのブログを見て連絡をいただきました。
ゼロ・ウェイスト宣言や葉っぱビジネスでもお有名な徳島県の上勝町の方からでした。上勝ではゴミの削減に早くから取り組んでおられましたが今度町に量り売りのお店を計画しているとのお話でした。地給市場で使用していた古新聞を活用した袋の折り方など具体的なお話などをさせて頂きました。上勝町のゼロ・ウェイスト宣言は私たちが地給市場を作るきっかけの一つとも言えるものでその上勝町に量り売りのお店が出来る事がとても嬉しい事でした。

私の頭の中ではかりメーカーの社員の若者と上勝町で量り売りを始めようとしている若者を繋がなければ・・そう直感的に思いました。

それぞれしっかりとした目標を持った若者同士なので結果はどうあれ紹介するべきだと考えました。

それから半年以上が経ち、はかりメーカーの若者が再度訪ねて来てくれました。
上勝町の量り売りのお店で自分たちの会社のはかりを導入してもらえたというお礼の訪問でした。店舗の写真などの資料を見せて頂きましたがとてもオシャレで品数も多く素敵なお見せになっていました。お店は上勝百貨店と言います。今後が期待のお店です。
 
量り売りをキーワードにこれからの暮らしのために若い人材が動いてくれていることがとても嬉しく思います。と言ってしまうと私がもう見守りの段階に入ったようですが(笑)
いやいや、元気をもらったのでこれからもあるべき暮らしのスタイルのために頑張ります。

とても嬉しい繋がりの話でした。
[PR]

by genkiueno | 2013-04-04 09:13 | あれやこれや  

<< ブログ 量り売りで行こう 地給市場のこれから >>