過剰包装

過剰包装を断ってゴミを減らそう。そんなキャンペーンが目立つようになってきました。過剰包装に関してはすでに10年以上前から問題になっていました。「マイバック」という言葉はかなり一般的になっていますが、積極的に過剰包装を断ろうと言うのは最近になってからですね。
先日、地元紙の山梨日日新聞のやまなしエコライフと言う特集記事で地給市場が紹介されました。「過剰包装やめ、ゴミ減量」と大きく書かれた紙面には量り売りのお店2軒が紹介されそのお店を利用しているお客さんの目で記事が書かれていました。1件はエコリカーショップ、そしてもう1件が地給市場です。地給市場ではお得意さんで清里でペンション「ゲストハウス・ミュー」のオーナーさんが紹介されました。いつもかごに容器をたくさん入れて買い物に来てくれます。食事も地域の安全な食材を使ってお客さんに提供しておられます。買い物するといっぱいのゴミやリサイクル品が出る、もっと量り売りのお店が増えてほしい。そんなコメントをされてました。そんな声に私たちも支えられています。
f0040341_9552764.jpg
家庭から出されるゴミの中で一番多いのは包装、いわゆる入れ物だそうです。リサイクルに関しては、ビン、トレー、ペットボトル、缶などそのほとんどがワンウエイの容器です。しかし現状では、量り売りのお店もなく容器に入っているものを買わざるを得ないのが現状ですし、容器のリユースのシステムも限られています。スーパーなどでの買い物で過剰包装を断ると言ってもレジ袋を断るぐらいしかできません。現在の商品流通の仕組みでは、最初から小分けして容器に入れておくことで輸送や商品管理がしやすくコスト的にも安くなるのが現状でしょう。消費者も今の買い物のシステムに慣れていて疑問を持たない人も多いと思います。
量り売りのお店を増やす為には、販売、流通、容器のリユースの仕組みづくりと、消費者の買い物に対する意識の改革が必要だと考えます。でも実際は案ずるよりか産むが易し、私たちでも出来るのですからその気になれば誰にでも出来るはずです。一度量り売りを知ると、お客さんもだんだんと容器を持って来てくれるようになり、量り売りを楽しんでくれるようになります。全くゴミのでない気持ちのいいお買い物をできるお店がどんどん増えて行ってほしいものです。
f0040341_1025135.jpg

砂糖の量り売り。袋のゴミが出ません。
[PR]

by genkiueno | 2006-03-04 10:36 | 量り売り  

<< やさしい くらしの店 小さなお客さんたち。 >>